gkom’s blog

横浜~東京中心に話題のお店や好きなもののことなど

赤レンガ倉庫で8月にフードフェス開催!

先日、横浜×FFコラボの記事で「以前書きました」と書きましたが、よく見たら書いていませんでした。

途中まで書いた記憶はあったのですが、消したしまったのかもしれません。

失礼しました。

 

今回は赤レンガ倉庫の夏のイベントの件です。

現在赤レンガ倉庫では、アフリカンリゾートをイメージしたイベントを開催していますが、8月17日から20日の4日間だけ、ミシュランガイドに掲載されたお店が東京~湘南から集合する、フードフェスが開催されます。

参加店舗は20、この試みは日本初だそうです。

 

会場内、もしくはファミリーマートで事前に1枚1000円の「フードチケット」を購入して、そのチケットと交換で料理を食べられる方式で、1000円の料理にはチケット1枚、2000円の料理には2枚必要です。

ミシュラン掲載店をハシゴできる機会なんてそうありませんし、友達と一緒に行って、分け合いながらたくさんの種類にチャレンジしてみるのも楽しそうです。

台風の多い時期ですが、いいお天気で開催して欲しいですね。

 

詳しくは、公式HPを載せておきますので、こちらをご覧ください。

ミシュランガイド・フードフェスティバル 2017 in 横浜 公式ウェブサイト

 

 

ところで初めて知ったのですが、世界で一番ミシュラン掲載店が多いのは東京なんですね。

今まであまりチェックしていなかったのですが、この機会に色々調べてみたいと思います。

 

仕事とIoTの話

今回はいつもの紹介的な話題ではなく、お仕事の話をします。

先日、職場の朝礼でIoTによる販売の話があり、とても気になる・・・というか、引っかかる内容で、色々と思うところがあったからです。

 

IoTというのは、Internet of Thingsの略で、あらゆるものがインターネットを介して通じ合うというような意味です。

わたしは販売員なので、販売に限った話をすると、この技術が発達すれば、将来的に販売員は必要なくなる、しかも遠い先の話ではないということでした。

・商品に端末をかざすだけですべての情報が見れるようになったり

・オススメのコーディネートをAIが判断して提案したり

・お客様の顔を覚えなくても顔認証、もしくは端末で判断できる

・過去の購入履歴から好みが割り出せる

・TPOも社会の一般的な情報や流行から判断できる

・服の手入れ方法も膨大なデータからあらゆるケースに対応、提案可能

 

つまり、お客様がご来店いただいた瞬間に「○○様、いらっしゃいませ。お待ちしておりました」と言える上に、過去に買ったり購入を検討した商品を全て記憶していて、好みに合わせられる上、流行の形や色も年代別・服の好みの傾向でどんなものが選ばれる可能性が高いかまで判断した上で提案できて、「こういう時に使いたいけど、どうだろうか」という悩みにも「一般的にはこう、お客様の年代ではこのくらいの割合でこれが選ばれていて、こっちのお客様の好みに合ったものも時と場合によってはNGではなく、人気の度合いは何%」みたいな接客ができるわけです。

人間である販売員の記憶力や知識量では、消えない大量の情報を365日24hインプットできるデータバンクにアクセスできるAIには、絶対に勝てません。

「店員に声をかけられたくない」と思っている人はとても多くいらっしゃるので、こういった技術が確立すれば、販売員はどんどん居なくなるでしょう。

 

将来的に、「人間の店員にわざわざ接客してもらうのはセレブな行為」になってしまうのかもしれません。

人間にしか出せない温かみ、笑顔、ホスピタリティ、そういった「付加価値」に裕福な人のみがお金を払う時代が来るのかもしれません。

 

まだしばらく安定して人間が勝てそうなのは、フィジカルな部分(商品補充など)かと思います。

通路の障害物を適切に避け、落ちているものは拾って元の場所に戻すなり回収なり捨てるなりを判断し、すれ違うお客様に会釈をしつつ、足りない商品を様々な位置・形状の棚やハンガーに適切に補充しつつ、融通をきかせて詰めたり間を開けたりする技術は、機械にさせるにはまだまだ時間がかかると思います。

 

無人コンビニをはじめとする、いくつかの店舗が既に世界で試験的に運営開始されています。

せめて定年まで、安心して働ける仕事を真剣に考えないといけないのかもしれません。

 

楽しい話題でなくて申し訳ありませんでした。

次回は楽しい記事を書きたいと思います。

ファイナルファンタジー×横浜コラボ再び

ファイナルファンタジーが30周年で横浜とコラボしていたことは以前書きましたが、

今回はエオルゼアカフェが3周年で横浜に期間限定出店するらしいです。

 

最近はコラボカフェブームで、色々な作品(サンリオのキャラクターやアニメ、漫画など)のコラボのカフェがたくさんの場所で開催されていて、いつどこで何をやっているのか把握しきれないくらい、流行っていますね。

 

エオルゼアカフェを運営しているのは、六本木でコラボカフェの先駆者とも言えるルイーダの酒場を開催しているカラオケパセラ

今回は、パセラリゾーツ横浜関内店で7月20日~8月31日の期間、ゲーム内の海洋都市をモデルとしてオープンするようです。

限定メニューもあるとのことで、ちょうど夏休み期間ですし、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ドリンクの瓶のデザインがファンタジー感満載、フードも色々凝っていて

ファイナルファンタジーを知らない人でも楽しめそうですよ!

 

利用は時間制で、予約はローソンチケットで可能です。

詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

 

エオルゼアカフェ出張店舗 エオルゼアカフェ in 横浜2017 | イベント | ファイナルファンタジー エオルゼアカフェ

 

それでは、また次回お会いしましょう。

一生に一度は行っておきたい 一休さんでロックに踊る盆踊り

数年前からにわかに話題になっている、曹洞宗大本山總持寺の盆踊り。

横浜市鶴見区にあるこのお寺で行われる「み霊祭り」は、今年で第70回となります。

www.sojiji.jp

若いお坊さんが中心となり、一休さんの歌に合わせてコール&レスポンスしながら盆踊りをする様子が話題となり、Youtubeなどには観客が撮った動画がいくつもアップされています。

メインは一休さんなのですが、ひょっこりひょうたん島なども流れますし、アンコールもあります。

櫓にかかる電燈(電飾?)もとても綺麗で、周りにはたくさんの人が集まり、歓声を上げたり跳んだりして盛り上がっていて、振付も簡単なのですぐ覚えられます。

「こんな盆踊り、見たことない!」と話題になるのも頷けますね。

もちろん、お坊さんからのありがたいお話も途中に挟まれる、れっきとした盆踊りです。

 

このお寺は非常に大きく境内が広いため、出店もたくさんあるので、盆踊りだけではなく、食べ歩きも楽しめること間違いなし。むしろ、お店の種類が多すぎて迷ってしまいそうです。

その分人もたくさん集まっていますので、盆踊りの櫓に向かって進むのに大分時間がかかります。時間には余裕をもって行動することをオススメします。

 

花火も上がるのですが、境内で打ち上げ花火をするお寺もまた珍しいと思います。

結構大きめの花火がいくつも上がりますので、筆者も「ここ寺だよね?」と驚きました。打ち上げだけではなく、ナイアガラの滝風もありますよ。

 

 

今年の夏は、ぜひ總持寺で特別なひと時を体験してみてください。

崎陽軒の新シウマイ弁当

東京~横浜の話題をお伝えしようと思ってるのに、つい横浜に偏ってしまって申し訳ないのですが

今回も横浜の話題です。

 

横浜のお弁当といえば、崎陽軒シウマイ弁当

時々、限定のコラボパッケージを出していることもありますね。

 

その崎陽軒から、従来の1.5倍サイズのメガシウマイ弁当が新発売となりました。

「なるほど、確かにシウマイって一粒が小さいから1.5倍になると嬉しいかもしれない」

と思っていたのですが、どうやら大きくなったのはお弁当のサイズであって、シウマイのサイズではないようです。

シウマイの数、ごはんの数、具の量などが全体的にパワーアップしているので、ガッツリ食べたい人には嬉しいですね。

期間限定なので発売は7月22日までですが、横浜以外でも取り扱うようなので、ぜひ試してみてください!

 

崎陽軒のお弁当|メガシウマイ弁当 (期間限定)

 

更にもう一種類、メガシウマイとは逆に小さいサイズのシウマイ弁当も同時発売となっています。

こちらは「MINIプレミアムシウマイ弁当」で、その名のとおり小さめですが、シウマイの種類が3種あるなど、プレミアムな内容になっています。

販売期間は同じく7月22日まで。

 

崎陽軒のお弁当|MINIプレミアムシウマイ弁当(期間限定)

 

 

また、期間中にシールを集めて応募できるキャンペーンも開催。

個人的にはシウマイ弁当クッションがとても気になります。

 

崎陽軒|崎陽軒満喫ツアープレゼントキャンペーン

 

 

公式サイトの該当ページURLをご紹介しておきましたので、ぜひチェックしてみてください。

それでは、また次回お会いしましょう。

 

横浜赤レンガ倉庫は今年15周年!

みなとみらいの赤レンガ倉庫が、今年の4月12日に現在の商業施設としてオープンしてから15周年を迎えました。

これにあわせて、1年かけて色々とイベントを行っているようなので、ご紹介します。

 

 

まず、みなとみらい線の車体ラッピング。

今やみなとみらい線も埼玉まで直通していますので、目にする機会も多いのですが

これがとてもかわいいんです!

 

元々みなとみらい線の電車は、銀色の車体に横浜スカーフの伝統柄が透かしで入った手書き風の青~黄色のグラデーションのジグザグ模様、というとてもポップなデザインなのですが、そこに風船や音符の模様が散りばめられて、よりかわいらしくなりました。

更に、ハート型や星形の空をイメージした青い図形に「15th」の文字と共に配置された、真っ赤な赤レンガ倉庫のシルエットの入ったロゴマークがついているのですが、この形にはそれぞれ下記のような意味があるんですね。

♡→温もり

☆→輝き

!→驚き

♪→賑わい

それぞれ赤レンガ倉庫の特徴をあらわしたものらしいです。

今年の3月から2018年の3月まで、丸一年間このラッピングで走るようなので、駅で見かけた際には、ぜひじっくり見てみてくださいね。

 

 

赤レンガ倉庫は1号館と2号館の二棟からなっており、その間のスペースを使って毎年シーズナルなイベントをやっていることが多いのですが、

・春に開催されるフラワー系展示イベント

・夏に開催されるリゾートをイメージしたスペースを提供するイベント

オクトーバーフェスト

・クリスマスマーケット

・冬のスケートリンク

などが定番で開催されています。

 

今年は15周年ということで、特別に開催されるイベントとして次のようなものが予定されています。

・7月21日~23日18時半~ 炎と水を組み合わせた噴水ショー「FLAME FOUNTAIN」

・9月2日 横浜を中心に活動するクレイジーケンバンドの20周年記念ライブ

 

 他にも、15周年に関連して期間限定のショップの出店や、限定品の販売もあるようです。

9月には公式サイトのリニューアルも控えているので、今後発表される情報にも注目ですね。

 

赤レンガ倉庫とは直接関係が無いのですが、みなとみらい地区で開催される今年だけのイベントとして、ファイナルファンタジー30周年も7月まで開催、その後は夏休みにかけてピカチュウが大発生するなど、あわせて楽しめるイベントがたくさんありますので、興味のある方は事前にチェックしていくと良いかもしれません。

 

みなとみらい~横浜地区はエリア全体を使って連動したイベントを開催することも多く、歩き回るだけでも楽しいので、また機会があればご紹介したいと思います。

 

 

 

赤レンガ倉庫15周年プレスリリース情報(PDF)

http://www.yokohama-akarenga.jp/pdf/press_event20170117.pdf

 

イベント広場・2号館スケジュール|横浜赤レンガ倉庫

 

CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB攻

 

ファイナルファンタジー30周年✕横浜 | SQUARE ENIX

 

今年の夏、横浜で開催決定! 「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」 | ポケットモンスターオフィシャルサイト

もうすぐ父の日! おすすめギフトの選び方

今年もそろそろ父の日の季節ですね。

不況や先行きの不透明さなどから、出費を抑えて貯金に回す風潮になっているせいか、父の日のギフトにかける金額も年々低くなっているそうです。

今年はアイテムをプレゼントするよりも、一緒に食事に行くなどの時間の共有をギフト代わりにする傾向があり、ケーキがよく売れているんだとか。

 

今回は、父の日ギフトをタイプ別に考えていこうと思います。

喜ばれるプレゼントを選ぶコツは、本人が欲しがっているものの他に「実際に使えるもの」、「自分では買わないけれど、もらえば使いたいと思うもの」です。

それではいってみましょう。

 

 

<プチプラで気軽に贈れる定番ギフト>

・ハンカチ、靴下、ワイシャツなどの日用必需品(予算1000円以下~)

値段がお手頃で、いくつあっても困らない消耗品は、どんなお父さんにも贈れる安心のアイテムです。

ブランドものを選んでも、そこまで予算がかからないところも嬉しいですね。

ペンケースや高級ボールペンなどの、文房具関係もオススメです。

ネクタイやネクタイピン、ご年配の方にはカフスボタンなども素敵ですが、最近はクールビズでノーネクタイのところが増えているので、職場での服装を事前に確認してからの方が失敗が少ないでしょう。

ネクタイはブランドものを選ぶと少しお値段が高めになりますので、ご注意を。

 

・帽子、扇子、甚平などの季節商品(予算1000円~5000円くらい)

父の日は初夏にあたるため、これから来る夏に備えるアイテムを選ぶのも良いですね。

百貨店でも、この時期にあわせて季節商品のコーナーを充実させてくるところが多いので、選びやすいですよ。

扇子は使う習慣の無いお父さんも多いかもしれませんが、かさばらないので手軽に持ち歩けて、ちょっとした電車の待ち時間などにも使え、熱中症対策にもなる優れものですので、健康管理もかねてこの機会に贈ってみるのも手です。

梅雨が始まりますので、折り畳み傘も喜ばれるでしょう。

 

<普段使いのしっかりギフト>

・お財布、キーケース、パスケースなどの革小物(予算5000円~30000円くらい)

きちんとした革製の小物は高級感もあり、ギフトとしてとても人気があります。

ブランドものも多く、デザインも凝ったものが多く揃っていますので、贈りがいがありますね。

気を付けたいのは、基本的に一つ持っていれば十分なアイテムが多いこと。

長く使ってくたびれてきたかな?というアイテムを狙って、新調のタイミングで贈ると喜ばれるはずです。

そういった情報が無い場合やタイミングが遠い場合は、今使っているものを長く使えるように、革製品専用のお手入れセットを贈るのも素敵ですよ。

また、ベルトもブランドものを選べば、同価格帯で立派なプレゼントになります。こちらは何本あっても使い分けができますので、気軽に贈りやすいですね。

 

・カジュアルなブランドバッグなど(予算20000円~50000円くらい)

通勤用のビジネスバッグや街歩き用のボディバッグ、旅行や出張にも使えるトートバッグなど

バッグにも色々ありますが、小物とちがって常に外に持って歩くものなので、ファッションとの相性、機能性、好みなどが強く反映されるアイテムです。

こちらはご本人と一緒にお買い物に行って、選んでもらうのが間違いが無いと思います。

売り場めぐりも、一緒に楽しむための時間にしてしまいましょう。

サプライズで渡すのであれば、事前のリサーチをしっかり行ってから選ぶことをオススメします。

 

 

いかがでしたか?

百貨店の紳士フロアのラインナップを参考に、選びやすい定番の父の日ギフトをまとめてみました。

予算やそれぞれのポイントなどを挙げてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この期間は、普段は入っていないお店が期間限定で登場していたり、傘やベルトに名入れサービスをしていることもありますので、一度で決めずに、下見として情報収集をしておくのも良いと思いますよ。

 

それでは、良い父の日をお過ごしくださいね!